FC2ブログ
あるびれお7
主に自作絵(普通絵・18禁絵)を日記形式でアップロードしていくサイトです。 (画面設定:1280×1024pixel推奨)
プロフィール

ファンキーファンクション

Author:ファンキーファンクション


(過去の発行本は↑こちら)



あるびれお7

当サイトはリンクフリーです。
バナー増やしました。
お好きなバナ―をご利用下さい。

何かございましたら
↓までお願いします。
funkyfunction☆hotmail.co.jp
※尚、送信される際は☆を
アットマークにして下さい。

<新刊情報・10/2更新>
新刊「へんたいたいへん」は
以下のショップ様に委託します。
とらのあな
メロンブックス
Grep
※マインカンプも販売中です。
Grep

<既刊委託情報(10/2更新)>
現在ありません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ

  



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



懐古厨って言われてもですねもうですね
O山出版のモノクロ原稿の表紙裏表紙の入稿無事終わりましたが本当の地獄はこれからですどうもさんですファンキーファンクションです。

最近はコミケ関係でご無沙汰ですが、昔から休日の楽しみの一つに暇さえあればプラモ屋巡りをやっています。
こちらに来てもそれは続いておりまして、近所のプラモ屋や量販店に行くこともしばしば。
とにかくあの雰囲気がいいんですね。古びていれば尚良し、といったところです。

ただ、ここ最近寂しく感じるのは、どこのショップでも以前と比べてゾイドのスペースが殆ど無くなってきているように見えるところかと。(トイザラスではまた勝手が違うのでしょうが。。。)
初めて入ったバイト代でデスザウラー様を買いに行ったり通販でデッドボーダーを探して買ったり、グレートサーベルを見つけてもらって狂気乱舞したりゴドスのキャップ全部外して歩かせ机の上から落として壊れる様を見てハアハアしたのも今となってはいい思い出ですキモイですね俺しんでもいいでしょうか。

それが今、過去の傑作機が再生産されるどころか撤退する一途。トランスフォーマーが映画化されるという隆盛に対して余りにも酷いです。LBシリーズで完全に持ち直したと思ったのですが。。。どうも過去のリメイクという発想がトミーにとっては抵抗のあるものの様に見えて仕方ありません。
まだまだ裾野は十分すぎるほどあるというのに。。。確かに、新しいものを作ることは勿論大事なのは言うまでもないのですが。。。
過去の時速マッハ1で走る二足歩行のガリウスとか深海10000メートルまで潜れるアクアドンとか、一球入魂すぎて寧ろこの先シリーズ化していく気全くありませんよねトミーさん??と思わず疑問形にしたくなるような尖がりっぷりが、今では随分と守りに入ってしまったような気がします。尖がりすぎた結果、社員さん一同一家が路頭に迷うなんてなったら元も子も無いのは頭では解っているのですけどね。

それにしても、僕がトミーゾイドの黄金期の世代だったからなのかもしれませんが、子供の頃に受けた影響、衝撃って案外憶えているものなのかもしれません。

現在でも新しい模索をしながらも新機は出ていますが、少数のパーツにもかかわらずエッジの効いた、高い完成度を誇るあの頃のゾイドはもう戻ってこないのでしょうか。。。
1980代のプラモはミリタリーやSFの影響を強く受けていたせいか、ガンプラもゾイもディティールが素晴らしかったと思います。薄さや精度がプラスチックの限界まで拘っていた、そう、例えるならミニ四ファイターの前ちゃんみたいな拘りが伝わってくるんです。
塗装もするので色膜で若干厚くなります。その分も計算されていたのでしょうか。子供心にすげえ!と思っていました。
そこにはおもちゃなのですが、おもちゃを超えた造形世界が確かにあったのかもしれません。
そんな感動が欲しいなあと思うようになったのは僕が年をとったからだけなのかもしれませんが。。。

基本的には二次元が大好きなのですがゾイドに関しては、その立体造形&動作技術は別格であまりの尖がりっぷりに漫研時代はゾイドの特集組んでいたくらいまあその大好き太郎なのですよ。ミサゴさんとよく神羅万象チョコ120個とかくれる穂積さん達で会誌の3/4占めたりとかですね。何故かマイナー機の紹介が多かったような気もしなくはなかったですが。。。

プラモのバランスといった出来そのものとしては(特にガンプラに関しては)現在の方がいいと思いますが、「これはメカなんだッッ!!漢達よ集え!!」的な燃えるような演出を彷彿させるディティールが随分と減ってしまったような気がします。。。例えばザクタンクのようなカッコよさとかもう失禁レベルです。あ、ガルマザクやガザCは好きです。でもそういった好きとは別次元の話なんですね。

確かに安全性や加工のしやすさ、耐久性等といった不可避な諸事情があるからなのでしょうが、何か…うん…細かい表現は沢山増えている反面、一つ一つの精度がやわらかい素材にただ存在させた、というかそんな「必要だから加えたけどそれだけ」感がひしひしと感じられてしまうようにどうしても思えてしまうんです。。。


そこで個人的に思ったことなのですが、生産数をずっと減らしても構わないので、テスト版として青年、中年層をターゲットにした「シニアプラモ」みたいなものを作ってみては、と思うんですよ。
コトブキヤのようなプラモを、バンダイでもタカラトミーでも別に部署を設け、年齢制限付で生産数も減らし、まずはネット通販で販売といった具合に。
アンケート方式もどのキットを生産させたらいいかという従来の人気アンケートだけでなく、パーツの精度や、バランスなどといった内容も広く自由に記入出来るものであったらなあーと思ってみたりみなかったり。(このあたりはタカラトミーもやっていますが、字数制限があって少ないように思いました)


だったらワンフェス行けばいいじゃん!!!


だって…だって…
交通費、だらみたいにかかるんですもの。。。(涙

企業努力している方々に対して僭越すぎる意見とは重々承知です。まあ愛ゆえに、っていうヤツですハイ。

この記事に対するコメント

ゾイドはもうコトブキヤに頑張ってもらうしかないのかねえ。

ワンフェス俺も行きたい。
【2007/07/25 08:13】 URL | 鶚 #- [ 編集]


そうは思いたくないんだけどね。。。
トミーにとってはごく一部に過ぎないんだろうね、と思ってしまうような商業展開っぷりに泣けてくる…orz
うーん…タカラのような柔軟さが欲しいかもかも。
【2007/07/26 04:45】 URL | FF #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bettyhouse.blog94.fc2.com/tb.php/59-f037a472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)