FC2ブログ
あるびれお7
主に自作絵(普通絵・18禁絵)を日記形式でアップロードしていくサイトです。 (画面設定:1280×1024pixel推奨)
プロフィール

ファンキーファンクション

Author:ファンキーファンクション


(過去の発行本は↑こちら)



あるびれお7

当サイトはリンクフリーです。
バナー増やしました。
お好きなバナ―をご利用下さい。

何かございましたら
↓までお願いします。
funkyfunction☆hotmail.co.jp
※尚、送信される際は☆を
アットマークにして下さい。

<新刊情報・10/2更新>
新刊「へんたいたいへん」は
以下のショップ様に委託します。
とらのあな
メロンブックス
Grep
※マインカンプも販売中です。
Grep

<既刊委託情報(10/2更新)>
現在ありません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ

  



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職しました&活動多分終了のお知らせ(8/16更新)
大変ご無沙汰しています。皆様お元気でしょうか。


先日のコミックマーケット92参加された方々は本当にお疲れ様でした。
今年の夏は申し込み自体していなかったためお休みでしたので
数年ぶりに家族親戚と一緒に楽しく過ごせた反面、
オタク的な意味ではぽっかり穴が空いたようでもありました。
どうもさんですファンキーファンクションです。


昨年の年末以来の更新になってしまってすみません。
家庭の事情により今年の2月から実家に戻り、4月に正社員として地元に就職しました。


1月の時点では実家に戻る準備と、派遣でお世話になった方々への挨拶回りをしていました。
同人イベントで知り合った方々には挨拶はしていません。
大学の漫研仲間にも特に創作方面に進んだ方に対しては言っていないです。
理由は創作活動は基本的に孤独な事が多いと思います。
そんな中心を強く持って色んな思いを持って活動されている方々に水を差したくなかったからです。
もし運悪くうっかりこのブログを見てしまった作家側の方がいたら
「去っていく奴なんてどうでもいいわ」くらいの気概を見せてさっさとこんな話は忘れていただきたいですね。
進む意志のある方にとっては同情してもらおうと言葉巧みに絡めようとしても
作家の心を少しでも縛る停滞はただの敵でしかないですので。


2010年5月に「うんこの力で、天下統一果たしたい」と割と真面目に考えていて東京に出たわけですが、
一番支えてくれた家族の事情により、ふと子供の頃にTVで見た杜子春の話を思い出し、帰る事にしました。
今でこそ一命はとりとめたものの、
年末から2月に入るまでは人生でこれだけ涙が出ることがあるのだろうかと思うくらい
何かをしていないと絶えず涙が止まりませんでした。
そんな日々を送っていました。


東京の八王子にいた頃は同人+単発の派遣で生活していました。
最近のYahoo!ニュースで流行っている街だかどうだかで
八王子は流行ってない的なしょうもない事書いてた記事がありましたけど
八王子はもの凄くいい街でしたよ。穏やかでいい意味で街が完結していて。
住み心地最高でした。


収入はどうしても少なかったのですが、
自分が思っていた以上には精神面では充実して過ごせていたように思います。
大体一回のイベントで通販合わせて蒼星石本以降は1000部前後で活動させて頂いていました。
コピー本は確か100部ちょっとくらいです。
小学校3、4年生くらい?からぼんやりと思い描いていた性癖を
オリジナル二次問わず創作という形で表現出来たというのは
何と言うか快感の一言に尽きると思います。
抜けなきゃ本出す意味無いですからね、っていう勝手な信条に基づき
人体実験もよくやりました。


一番最初の真紅本は初参加なのにも関わらず
始めたばかりの頃のブログカウンターの数字だけで判断して1/2~1/3なら大丈夫だろうと
500部も刷ってしまい且つイベント3日前入稿による大陽出版様の超特急割増で
印刷費だけで12万円もしたため、頒布出来ても赤字になり続けるという
典型的なネットあるある大惨事も経験しました。
全部頒布し終わるまでに確か2年半かかりました。
でも無駄にテンション高かったような気がします。
きっと沢城さんが演じてくれた真紅がいてくれたからだと思います。
真紅は今にして思えば二次創作同人を描きたいという原動力そのものでした。


とはいえさすがに二回目の水銀燈本と巴本は現実を見て各150部くらいに軌道修正しました(笑)


活動中は思ったように表現出来ずに悩む中、洒落にならないくらい上手い作家の方々や
自分じゃ何回生まれ変わっても決して辿りつけないような個性や
味を持った方々が綺羅星のように多い現実を見る度に
二次創作とはいえ苦しいことも多かったのですが、それでも本当に楽しかったです。
それにしても二次創作でもこんな調子なのですから
オリジナルで勝負し続けている方はエロ非エロ文章一切問わず心の底から尊敬しますね、僕は。
(勿論今も変わらず尊敬している二次創作作家の方々も大勢います。)


同人活動中にお世話になった派遣の方々も本当に感謝しています。
色んな方々に出会いましたが、彼等は皆、一様にして優しい。
「人に優しい」ということを非難する、自嘲する方を時々見かけることがありますが、僕は言いたい。
優しいっていうのは何も悪いことなんかじゃない。
その人のお陰で救われる人がどれだけいることか。
優しさの価値はもっと評価されてもいいし、もっと普遍的であってもいいと思う。
まあ実際口にするのは恥ずかしいので、
こういうのはネットの片隅でぼそぼそ言う位で丁度良いって感じ、ですかね。
話逸れましたが。


…とまあ色々言いましたが、
創作者としてはぶっちゃけ完全に敗けてしまったわけです。
たとえ「地球救うから創作活動辞める!」的などんなご大層な理由があれども、です。
創作に限って言えば言葉は喋れば喋る程力が弱まると思っている自分故に
基本的にこの手の話は殆どしたことはありませんでした。
たとえ創作仲間同士であっても。
「うんこちんちん!」って阿呆な事を言っている方が腕の立つ作家だっていう話は
個人的にはあながち嘘じゃないと思っています。


今回随分喋りましたのでそいういう意味では一応の区切りはしたつもりです。
黙って去れればきっとカッコイイんでしょうけどここまで来ると予防線だらけで笑うしかないですね。
まあその分うっかり戻ってきたら「みっともねえwww」とか言って笑ってやって下さい。
そして「去っていく奴なんかどうでもいい」って言ってどんどん前に進んで行って下さい。
どの土俵であれ、進める人は本当に強いのですから。


環境的、時間的な理由(残業が3~5時間ほぼ毎日ある)によりおそらく僕は創作の舞台からは去りますが、
残って意地を張っていらっしゃる方、順風満帆な方、色々何かしらの形で創作活動されている方々、
そしてそういった方々を陰に日向に笑い怒り清濁呑み込みながら支えて下さっている方々、
ただただ個人として願えることは、どうか無事で、無事でどうか
いつまでも、いつまでもお元気でいて下さい。



長文お目見汚し失礼致しました。
ネットの片隅からではありますが、
最後までお付き合い下さり心より感謝申し上げます。

有難うございました。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bettyhouse.blog94.fc2.com/tb.php/549-a9002ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。