FC2ブログ
あるびれお7
主に自作絵(普通絵・18禁絵)を日記形式でアップロードしていくサイトです。 (画面設定:1280×1024pixel推奨)
プロフィール

Author:ファンキーファンクション


(過去の発行本は↑こちら)



あるびれお7

当サイトはリンクフリーです。
バナー増やしました。
お好きなバナ―をご利用下さい。

何かございましたら
↓までお願いします。
funkyfunction☆hotmail.co.jp
※尚、送信される際は☆を
アットマークにして下さい。

<新刊情報・10/2更新>
新刊「へんたいたいへん」は
以下のショップ様に委託します。
とらのあな
メロンブックス
Grep
※マインカンプも販売中です。
Grep

<既刊委託情報(10/2更新)>
現在ありません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ

  



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹奏楽部の話(8/17更新)
普段はニュースは自分一人で読んで満足しているのですが、
今日、ヤフーニュースでこんな記事がありました。

「熊本・秀岳館の吹奏楽部「野球部と日本一に」 コンテスト断念し甲子園へ」

あーだめだめもうだめ感情抑えるの無理。
先に言っておきます。昔の自分達と重ね合わせてる部分もあるのかもしれませんがキレます。
この手のが嫌な方はスルーしておいて下さいませ。





記事を見ましたが何これ…ありえなさすぎやろ。
吹奏楽部員を一体何だと思ってるんだ。
付属物程度の扱いかよ。
舐めてんのか。

一つの音を美しくどこまでも響かせるのにどんだけ苦労と修練が必要だと思ってんだ。
作曲者の思想を高度に表現しようと日々研究している様を知らないのか。
音楽演奏している時のあのドーパミンがドバーって出ている感覚は最高ですよ。
ベルキスいいよね、ローマも最高ですよ。室内楽も素朴な響きの古楽器アンサンブルだって超萌える。
ブリティッシュスタイルのよく統一された高貴な響きや木管の色彩の無限さ。
その世界を徹底的に求めた場がコンクールであり他の「吹奏楽部員のための」演奏会だっていうのに。

日本の吹奏楽はレベル低い、と思われていたずっと昔の頃、海外から中高生のコンクールを聴きに来た外国人が感銘を受けたそうですがそらそうだ、方向性はいろいろあるかもだけど彼等の想い入れは本当に強い。
中高生の爆発的な伸びってすさまじい。

目を真っ赤にさせた部員の心を教師陣は本当に理解してるのか。
なぜその子にそこまでの言葉を言わせきってしまったんだ。
教師がごめんねとか言ってニュースで勝手に美談扱いにして済む問題じゃねーだろ。
コンクールは大イベントの一つ。ましてやここの吹奏楽部は小編成らしいじゃないですか。
小編成は支部大会が最上位なんですよ。いわばそこが全国大会と同位置で同価値。
編成(人数)が小さいだけであって優れた団体はいっぱいいる。
みんなかつての普門館、今は愛知のセンチュリーホールですか、や最上位の会場を目指してるんだ。
その可能性を勝負する前の段階で外野の事情で勝手にぶっ潰されたわけですか。
しかも勝手に美談。どこの戦中思想だよ、アホか。

言葉を荒らげるのは好きじゃないですが、単純に腹立たしい。
殺人や犯罪系以外でこんなに腹が立ったニュースは久しぶりかも。
事情を知らないで甲子園目指してた野球部員もとんだとばっちりで本当に可愛そうだ。
彼等は彼等で純粋に強い環境で野球やりたかっただけだろうに。

どうして教師という大人がもっと調整しようとしなかったのか。いや、してくれた先生もきっといたんだろう。
それでも議論を二日間侃々諤々するくらいなら録音なり他校を呼ぶなり声と振付だけでやるとか
(小編成だから人員確保は難しいかもしれないけど)コンクールメンバー以外の生徒を主力に回すとかやりようはあっただろうに。
大袈裟って言われるかもしれんけど吹奏楽部員にとってコンクールってのは命がけなんだよ。
勿論そうじゃないスタンスでやってる子もいるしそれはその場合はその場合で全然いいんだけど涙を流すって事はそういう部員も大勢いるんだ。
大人はどうして最後まで盾になってあげられなかったのか。


自分が部員なら一生許さない。
美談という感情にすり替えたくはない。
吹奏楽部員はこういう場合は空気を気にせずしっかり「怒って」自分を表現したっていい。
この手の勘違いを誘導させるような記事についてはもっと誰かが怒ってやらんと。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bettyhouse.blog94.fc2.com/tb.php/546-fda5e3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。