FC2ブログ
あるびれお7
主に自作絵(普通絵・18禁絵)を日記形式でアップロードしていくサイトです。 (画面設定:1280×1024pixel推奨)
プロフィール

ファンキーファンクション

Author:ファンキーファンクション


(過去の発行本は↑こちら)



あるびれお7

当サイトはリンクフリーです。
バナー増やしました。
お好きなバナ―をご利用下さい。

何かございましたら
↓までお願いします。
funkyfunction☆hotmail.co.jp
※尚、送信される際は☆を
アットマークにして下さい。

<新刊情報・10/2更新>
新刊「へんたいたいへん」は
以下のショップ様に委託します。
とらのあな
メロンブックス
Grep
※マインカンプも販売中です。
Grep

<既刊委託情報(10/2更新)>
現在ありません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ

  



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



なのだわ!なのだわ!
拍手機能が使いこなせていない、というか拍手するだけの機能だとしか思っていない且つ自分のサイトでは拍手返しが出来るなんて思っていなかったことに100ガバス!
返信遅すぎる自分に嫌気がさして最早出家に瞑想→HP回復どうもさんですファンキーファンクションです。

<その①>
今まで拍手コメント無かったから「今日も無いに違いない!」…なんて思っていたのでござるですよ…ハハ…orz
そんなわけで拍手返しをば♪
本当に有難うございますですm(__)m

>浅倉様 : http://www.erocg-ranking.com/もし宜しかったら登録して下さい。^^
有難うございます。審査通るかどうかは分かりませんが、ばっちり登録させていただきました~♪
>ある痴漢様 : 水銀燈のスカトロはすばらしいじゃないか。もっと見せていただきだいですね。
ウホッ!有難うございます~!色々な考えがあると思うのですが、個人的にお人形さんはウンコをしてこそ美しくなれると思っていますので、そう言っていただけると嬉しいです♪
>あなたの描いたローゼンメイデンは本物より優れていると思います。がんばってください。
おっ、お世辞なんか言っても、ウンコ以外何も出てこないんだからねっ!…何事も原作の魅力あってこそです、ハイ。
>すばらしいスカトロ絵を見せていただいて、ありがとうございます。とても好きです。
あのお方達に比べればはるか遠いですが、糞野郎になれるように頑張らせていただきますね!
>うらんふ様 : いいですね~♪本気でこの扉の本が読みたくなりました♪
しかし表紙になるかは謎ですwタイトルも全然違いますのでwでも蒼い子の本も出したいです~♪



<その②>
先日沢城みゆきさんがレベルガーゴイル先生並に好きだということを書いたところ、
FAMさんから彼女がでじこ役の最終オーディション(1999)に出ている映像を見せてもらいました。
沢城さんがまだ13歳の時の映像です。
僕はローゼンメイデンの真紅から入った人間だったもので、容姿もさることながら、あまりの声の違いっぷりにもうビックリ失禁!&土葬!


オーディションの内容はというと既にご存知の方も多いと思いますが、演技・歌との二つの課題を1000人以上の審査員の前でやるといったものです。
何と言いましょうか…ある意味究極の羞恥プレイと言っても言い過ぎではないくらいの何と言うかすごい環境です。。。
こんな状況で緊張しないことの方が困難なわけで。。。勿論そのことも含めてのオーディションなのでしょうが。


※以下、素人意見のため何か偉そうに聞こえてしまったらすみません!!

課題は演技と歌の二つ。
最初に演技を聴いたのですが、
声に、いい意味で演技を強く意識することによって生み出された華があるという印象を強く受けました。
明らかに中学生の声ではなく、思わず二人で「うおおおお!」と唸ってしまいました。
確かに極度(?)の緊張のためか、段々早口になってきたり所々声がぶれたりということはあったのですが、それらを差し引いても「あ、これってきっといい声だ」という伸び代がはっきりと感じられたんですね。
声優って単に朗読が上手いだけじゃダメで、キャラクターの持ち味を最大限に引き出せるような声が求められるのだろうな、と思いました。
殆ど多くの人々が普通に使うことの出来る素材をベースに使う職業は、それだけに余程ずば抜けた力を持っていないと生涯の仕事にするのは大変なんだろうと。
その点訓練の成果も大きいのでしょうが、本当に羨ましいです。

次にOPの歌唱力です。
現在の歌声を知っているのでこれも禿げるくらいwktkして聴いたのですよ。
…失礼なのは重々承知の上ですが、言わせて下さい。。。

うおおおおおおおおおお!!!
すUUUUUUUUUUげえええええええええ
HEEEEEETAAAAAAAAAAだああああああああああ!!!!!


僕もファンですが、それでもファンの方はすみません。(でも今上手いから無問題です!)
ウェルカムどころじゃないですよ!?
ハートがヒートしてエライことに!!!

そして、残念ながら結果は落選でした。

でも、審査員特別賞を受賞するという健闘ぶりを発揮し、ぷちこ役に抜擢されたのは多くの方のご存知の通りです。
彼女の本来の実力の高さが伺えます。


最後に、印象に残っているシーンの一つで、投票直後のインタビューで沢城さんに入れた来場客の一人がスパッと「将来性がある」と言っていたのですが、今にしてみれば何と言う審美眼の持ち主であったというか。
ただ何となく投票した、というのではなくそこまで言い切るところが特に。

僕なんかは、今の活躍をテレビで見ているからすごいとか言えるのですが、
まだ何も無かった時に相手の魅力、資質を見出す確かな目を持つというのも一つの素質なのかな、と改めて感じさせられました。



…そんな声優にハマリ始めて人生ダメにしかかっている2007年夏w
O山出版からの指令が恐いですよ!怖いですよ!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bettyhouse.blog94.fc2.com/tb.php/35-97f98a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)